池袋のキャバクラには「ショーキャバ」と呼ばれるショーを見物にしたキャバクラがあるのをご存じでしょうか?
有名なところではCLUB PHOENIX (フェニックス)やyamato、TARO(タロ)などの店舗が有名ですよね。

とくにTARO(タロ)はオープンから20年もの長い期間運営されています。
しっかりした固定客がいるのです。
つまりショーキャバはそれだけ需要があるということ。
キャストが豪華で個性的な衣装に身を包み、歌って踊るショーを目当てにやってくるお客様も少なくないのです。

もしダンスが好きなら、ショーを見物にしたキャバクラに入店するのも良い選択ですよ。
素人がいきなり踊ってもお遊戯会レベルの踊りしか披露できないのが一般的。
だからダンサーとしての実績がある方、ダンスが得意な方はショーを売り物にしたキャバクラを選ぶと喜んでもらえる可能性大です。

画像出典元:http://clubtaro.jp/

ショーダンサーとしての地位を築くことができる

「たかがキャバクラのショー」なんて思わないでください。
お店によってはかなり力を入れているのです。
ショーダンサーの衣装を特注し、宝塚顔負けの豪華な衣装やコスプレなどの個性的な衣装、まるでアイドル歌手が身につけるような可愛らしい衣装など、多彩な衣装を身にまといダンスを披露できます。

ダンスだけではありません。
楽器が得意なキャストはトランペット演奏を実際に披露していますし、得意な楽器があればそれをアピールしてみましょう。
要はパフォーマンスですので、店内のお客様が喜び、盛り上がってくれれば自分の得意を披露してもいいのです。

歌がうまい方はお客様の前で歌をうたってもいいですね。
手品も立派なパフォーマンスです。
ライブですから何が起こるかわかりませんが、逆にそれが楽しいと感じるお客様もいるはず。
またダンサーとして人気が出ると、あなたをお目当てに来店する顧客も増えます。
それはそのままお店の売り上げ、つまりあなたの売り上げに変わるため手抜きができません。

画像出典元:http://rank.girlsbaito.jp/entry/2016/07/26/154547

たかがキャバクラのステージと思わないこと

キャバクラとは言え、人前でダンスや歌、楽器演奏を披露するにはそれなりの練習が必要です。
お店が開店する前に集まり、振り付けを覚えたり動きの打ち合わせをしなければなりません。

一般的にキャバクラのステージは狭いため、派手な動きができないもの。
そのハンデを感じさせないように個性的な衣装や演出、凝ったダンスで楽しんでもらえるように努力しています。
「たかがキャバクラ、されどキャバクラ」お客様を楽しませようとする気持ちがあれば、きっと喜んでもらえるはずですよ。